【終了】風水害時 翻訳シミュレーション訓練(在宅)

災害時外国人支援ボランティア限定のお知らせです。

※受付は終了しておりますが、ご参加をご希望される方は直接メールにてお申し込みください。

風水害時 翻訳シミュレーション訓練(在宅)について

昨今、毎年のように台風や豪雨・強風による水害が発生しております。記憶に新しいのが、昨年10月12日、台風19号の接近・上陸に伴い大田区の一部の地域において多摩川が越水の可能性が高まり、災害が発生する危険が極めて高くなったため、超緊急情報 警戒レベル5(災害発生情報)が発令されたことです。
当協会におきましてもホームページで多言語の情報を発信しました。事前に想定される内容であれば、準備してある翻訳での発信が可能です。しかしながら、刻一刻と変わる情報や大田区という地域に限った情報を発信していくとき、被害が長引いたときには、災害時外国人支援ボランティアの皆様にご協力いただいて風水害時のリアルタイムな情報を外国人に発信していく必要があります。

仮に、翻訳作業へのご協力が難しい方でも、①大田区や協会が発信した情報を外国人に伝える②避難されている場合は、避難所の外国人に情報を伝える③協会のTwitterをリツイートする、などで外国人に安心を届けることができます。

そこでこの度、風水害時の翻訳シミュレーションの訓練(在宅)を行いたいと存じます。訓練実施後、皆様にご意見をいただきフロー等に問題があれば、適宜変更していきたいと考えておりますので、ご参加・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

*訓練内容

・協会から風水害時に多言語で発信したい文書をお送りしますので、翻訳をお願い致します。
・協会が2~3名の同一言語のグループを作ります。皆さんでメールと電話で確認しながら翻訳を行っていただきます。グループ内には、名前・E-mailアドレス・電話番号を共有させていただきますので、予めご了承ください。
※「シミュレーションの想定」と「訓練の流れ」は、ご参加の方に別途お送りいたします。
・今回は風水害時の翻訳作業の流れを確認するための在宅訓練となりますので、翻訳文書は2~3行程度のものを1文、用意いたします。
翻訳の精度よりフローの確認を重視しています。

★当日のフローはこちら→<風水害時>翻訳シミュレーション訓練の流れ

*参加条件

協会等へお越しいただく必要はございません。ネット環境の整ったご自宅で参加いただきますが、次の要件を満たす必要があります。

・災害時外国人支援ボランティアに登録している
・パソコンまたはスマートフォンでテキスト入力ができる
・ネット環境にてE-mailの送受信ができる
・携帯電話がつながる

①以下1~6の候補日時の中から、ご自宅で参加可能な日時を教えてください。
ご参加できる人が多い日時に訓練を行いますのでなるべく多くの日程をいただけると有難いです。
1. 4月21日(火)  9時30分~12時ごろまで  ⇒こちらの日時にて決定しました。
2. 4月21日(火) 14時~16時30分ごろまで
3. 4月22日(水)  9時30分~12時ごろまで
4. 4月22日(水) 14時~16時30分ごろまで
5. 4月23日(木)  9時30分~12時ごろまで
6. 4月23日(木) 14時~16時30分ごろまで

②参加する翻訳言語を教えてください。
もちろん「やさしい日本語」での参加もお待ちしております。

・一人1言語での参加となります。

何卒、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

タイトルとURLをコピーしました