災害時における「居住継続」ついて

新型コロナウイルス感染症が収束しない現時点において災害が発生した場合、身の危険を感じる人は避難する事が原則です。

しかし、避難所が過密状態となると感染症が広がる危険性が高まります。避難所での感染拡大を防ぐため、できるだけ自宅での「居住継続」(自宅での生活を続けること)ができるよう、自宅の防災対策を確認しておきましょう。

詳細はこちら(大田区のホームページへリンク)
https://www.city.ota.tokyo.jp/smph/seikatsu/chiiki/bousai/topics/kyojukeizoku.html

タイトルとURLをコピーしました