国際交流ボランティア 活動の様子

2018年度は、当協会や大田区が実施したイベントで約90名の国際交流ボランティアのみなさんが活躍しました。その様子の一部をご紹介します。

外国の料理を作る料理教室での調理補助。始まる前に講師から説明を受けて、調理がスムーズに行くように参加者をサポートしました。

 

 

 

 

9月の「空の日」で実施した多文化交流カフェでは、お客さんを案内したり、呼び込みをしました。また、出身国の紹介や日本の文化等をテーマにお客さんと交流する交流員としても活躍しました。

 

 

 

「日本語でスピーチ」では、8名のボランティアが実行委員として、企画から準備、当日の運営までを担当しました。さらに、当日のボランティアとして、5名が受付や写真撮影、会場係などを担当しました。

 

 

 

「ジャパンデイ」では、19名のボランティアが当日スタッフとして参加しました。
日本文化体験ワークショップでの外国人参加者のサポート、折り紙の特技を生かした手工芸コーナーの担当、けん玉の紹介、出身国のお茶の提供、また、受付や誘導として活躍し、充実したイベントをスムーズに運営することに貢献しました。

 

 

 

 

際交流ボランティアとしての活動に役立つスキルアップ講座も行いました。2018年度は主に語学ボランティアを対象に、通訳や翻訳のスキルを身に付ける講座を2回実施しました。

 

 

そのほか、GOCAが実施するイベントやセミナーのほか、区内の国際交流に関するイベントなどのお知らせもお送りしています。

◇◆参加したボランティアの声◆◇

・初めてのボランティアでしたが、楽しませていただきました。
・とても充実した楽しい知日を過ごすことができました。
・おかげで活動の範囲が広がっています。

これからも、ボランティアの機会や国際交流の機会を出来るだけ多く提供していきます。
ご興味があれば、ぜひ国際交流ボランティアに登録してください。

タイトルとURLをコピーしました