【報告】災害時外国人支援ボランティア活動報告

2018年度 活動報告
2018.10.2810:30-15:00災害時外国人支援ボランティア講習会(基礎講座)
 災害時外国人支援ボランティア登録の広報および養成のため、講習会を実施しました。
丹下厚史講師による講演では、災害時の外国人支援について広くご講話いただき、多言語表示シートや避難者登録カードを活用しながらの演習を行いました。また後半は初級日本語講座を受講している外国人と一緒にワークショップをすることで実践に近い形での取り組みができました。内容:①大田区の防災対策について ②災害時の外国人支援について、支援する側の心構えと平常時の準備、通訳・翻訳実践
講師:①大田区防災危機管理課職員 ②公益財団法人名古屋国際センター丹下厚史氏
2018.11.118:30-12:00外国人と防災訓練(外国人受入訓練)
 蒲田地域の町会にご協力いただき、地元の小学校で防災訓練を実施しました。地域の方と一緒に避難者登録カードを使って外国人の受け入れ訓練を行ったほか、基礎講習に参加した災害時外国人支援ボランティアと区内の外国人が体育館の中で、多言語表示シートを活用しながらの演習も行いました。最後には地域の方と外国人が一緒になって起震車や煙体験、消火器操法、バケツリレーなどを体験し、とても盛り上がりました。

アドバイザー:公益財団法人名古屋国際センター丹下厚史氏

2019.3.913:00-15:30明日から使える”やさしい日本語”
 やさしい日本語とは、ということから始まり、災害時外国人支援ボランティアは「災害時要支援外国人窓口」でのやさしい日本語の通訳という設定で場面別に練習し、災害時外国人支援ボランティアではない国際交流ボランティアは、自分が避難した避難所での外国人支援者という設定でやさしい日本語での聞き取り練習を行いました。災害時のボランティアに興味のなかった国際交流ボランティアにも災害時の外国人支援に関心を持っていただけました。

講師:NPO法人国際活動市中心(CINGA)新居みどり氏

2019年度 活動報告
2019.6.3013:00-16:40災害時外国人支援ボランティア講習会(基礎講座)
 災害時外国人支援ボランティア登録の広報および養成のため、講習会を実施しました。
ハザードマップの見方や、”やさしい日本語”について知らなかった方が多く、やさしい日本語のワークショップでは熱心に取り組んでいました。内容:①大田区職員による防災対策について ②災害時外国人支援について考える ③”やさしい日本語”を使ってみよう
講師:①大田区防災危機管理課職員 ②(特活)多文化共生マネージャー全国協議会 理事 高橋伸行氏
2019.8.259:00-12:00普通救命講習
災害時外国人支援ボランティアの方向けに、大森消防署の出前講座「普通救命講習」を協会で実施しました。9月15日に行う外国人向けの応急救護訓練の事前学習でもあります。
2019.8.3115:00-16:00災害時の通訳ポイント講座
災害時の外国人への通訳において気を付けるところなどについて勉強しました。

講師:カブレホス セサル氏

 

2019.9.1513:00-15:00外国人向け応急救護訓練 通訳サポート
区内在住の外国人に以下の訓練を行うとともに、災害時外国人支援ボランティアが「やさしい日本語」等で通訳やサポートする訓練を行いました。
訓練内容:・通報訓練 ・消火器訓練 ・AED、胸骨圧迫 ・応急担架
日本人と外国人が和気藹々と楽しんで訓練することができました。
外国人のAEDや緊急時の対応についての興味も高いことがよくわかりました。
2019.10.313:00-15:00シミュレーション訓練
東京都国際交流委員会主催の災害時シミュレーション訓練に参加しました。
時間内に2つの文書を翻訳し東京都国際交流委員会に戻すのですが、協会職員も災害時外国人支援ボランティアの方も初めてのことに苦戦しましたが、和気藹々と訓練をすることができました。
アドバイザー:(一財)熊本市国際交流振興事業団 八木浩光氏
2019.10.2611:30-14:30外国人向け防災訓練 通訳サポート
ジャパンデイの会場内で、外国人向けの防災訓練を実施しました。また災害時外国人支援ボランティアが「やさしい日本語」等で通訳やサポートを行いました。
訓練内容:・起震車 ・煙体験 ・通報訓練 ・AED ・消火器訓練
タイトルとURLをコピーしました